あおい交通バス事故原因「運転が荒く、運転手の態度が悪いと有名」名古屋高速事故

話題

2022年8月22日、あおい交通のバスが横転炎上する事故が発生しました。あおい交通バスは横転直前にふらふら蛇行していたという情報もあり、事故原因に注目が集まっています。そこであおい交通バス事故原因はなにだったのか調べていきます。

あおい交通バス事故原因「暴走車で車線に入れなかったか」

あおい交通バス事故原因で現在公開されている情報が「直前にバスがふらふら蛇行」していたということです。あおい交通バス事故が起きたのは名古屋高速道の本線と高架下の出口に向かう車線が分岐する場所になります。

あおい交通バスのフロントは運転手側が大きくへこんでおり、高速出口の分離帯が破損していることからそこにバスが突っ込んだと見られています。また、ブレーキ痕やハンドルを大きく切ったときのタイヤ痕が見当たらないことから、他の車両を避けてぶつかったとは考えづらいと見ています。

ただ、あおい交通バス事故が起きた場所は追い越し車線側が出口(豊山南インター出口)になっており、よくこの車線を使う方の話では「追い越し車線から出口になるので、結構なスピードで出して走る車が多い」との情報もあるので、事故を起こす要因を作った車がないとは言い切れません。

どの記事もバスの運転手のミスとか、体調不良じゃないかとか言われて、まるでバス側に責任があるかのような報道ばかりで、本当にバスが起こした事故なのかって思う。あの場所は追い越し車線から出口になるので、追い越し車線を結構なスピードを出して走る車が多いから事故を起こす要因を作った車があったかもね。名ニ環から合流して来る車もあるからね。どちらにしても原因究明を早くしてほしいな。

<名古屋高速本線>

<豊山南インター出口への車線>

あおい交通バス事故原因「運転が荒い」

あおい交通バス事故原因で現在最も言われているのが「運転手のミス」です。あおい交通バス事故のドライバーは運転手歴10年で4年間この路線を担当していたといいます。通常であれば、安心して任せられるドライバーと言えそうですが、あおい交通の評判を覗くと「運転が荒い」「態度が悪い」という情報が目立ちます。

FDAをよく使うので、名駅から同社のシャトルバスもよく乗車します。
丁寧なドライバーさん(ロングヘアーの中年女性、若いお兄さん)もいますが、ほかは無愛想だったり、運転が荒かったりします。アクセルベタ踏み加速、カックンブレーキで酔ってしまいます。非常ブレーキが作動した時もありました。名鉄バスなんかと比べると中小バス会社なので、その辺の意識教育はされていないのかなぁと。

とはいえ、本数も多く、バスも新車を使っているので、小牧空港のアクセスには欠かせないバス会社です。

賃金の把握をしてない運転手、態度の悪い運転手
、急ブレーキしてんのにアナウンスで何も言わない
等最悪な会社です。
豊山町に住んでますがとても重宝できません。名鉄バスの運転手はしっかりしてますね。
クルマ買ったら一生乗りませんしおすすめもしません

普段はセントレアか西春駅からの名鉄バスだが名西春駅からの始発バスでは飛行機に間に合わないので名古屋駅からのあおい交通の始発バスに乗車。
運転士の態度が悪いにつきる。
こちらが大きなお金しか持っていなかったのもあるが払おうとするとお釣りがないとのこと
それで無言…でどうしろと?乗るなと言うことですか?
降りる時に払って下さいとか言えば良いのにそういった対応もできないドライバーですわ
降りる時に払うと言って乗ってやりましたが

あおい交通バス事故のドライバーが評判で言われている方と同一人物かは定かではありませんが、このような酷評は2018年から2022年6月の最新口コミまで続いています。現在まで続いているということは社風としてもそのようになってくるものです。実際に、事故を起こしたバスも「直前にふらふら」していたといいます。やはり、わき見運転や居眠りなど運転手のミスを疑わない余地はあまりないといえます。

追記:あおい交通バス事故原因「運転手のミスがあった?」

名古屋高速道路で起きたあおい交通バス事故の松浦秀則社長ら幹部が23日、記者会見で「当然、運転手のミスがあったと考えている」と述べました。あおい交通バス事故原因についての会社側の発言にネット上では賛否が分かれています。

というのも、あおい交通バス事故原因が確認できるとされるドライブレコーダーは事故で激しく損傷して映像が確認できないことにあります。事故を起こした運転手に持病はなく、乗務前の検査にも異常が見当たらなかったといいます。なのに、簡単に社員を切り捨てるような内容にネット上では「運転士の落ち度を無条件で認めるのは早計ではない」との声が上がっています。

・直前に車がふらついた ・休養は十分である ・車の整備は問題ない

これら全てがもし真であるとすれば、社長の言うようにミスと焦りが生んだ事故という可能性ももちろんあるが、心臓発作や突然の目眩、脳の異常等々ミスとするにはあまりにも酷な状況も想定できるはずですが、事故翌日にそれらの可能性を全て否定できるものなのかな…? 速やかに状況を説明することは大事だけど、運転士の落ち度をこのスピードで無条件で認めるのは早計ではないですかね

まだ運転ミスなのか、あるいは急病だったのかははっきりしていない中、「運転手にミスがあった」とコメントするのは時期尚早なのでは?もちろん会社側が謝罪会見を行うことは必要でしょう。たた、はっきりと結果が出て、断定されてからじゃないと、もしも急病だった場合は誰もが起こりうることで問題は少し違ってきます。この先高齢者のドライバーがもっと増える社会全体で考えなければいけない事案です。そして、何よりご家族にも配慮が必要だと思います。しっかり会見をする会社の姿勢は良いと思うのですが

>事故原因について「出口に向かう準備が十分できておらず、急に降り口が迫って焦って操作してぶつかったのではないか」との見方を示した。 初心者が名高速のような都市高速を走ったのであれば、よくわかる理由なのだが、同ルートの運行歴が約4年ある運転手となると、ん?と首を傾げたくなるような事を理由に挙げるのは、責任転嫁に映ってしまいます。

追記:あおい交通バス事故原因「ワクチンの副作用か」

あおい交通バス事故原因で現在、ネット上では「ワクチンの副作用ではないか?」との声が上がりつつあります。

名古屋の高速バス炎上事件。痛ましい。大事件に憶測は不謹慎だと思うけれども、運転手さんがコロナワクチンを接種していたということは考えられないか?ワクチン接種を今すぐ完全停止する。これをしないと事故が多発しそうで怖い。

運転手さんワクチン(何回)打ってたのかなって考えちゃう

経験十分、真面目、休暇十分、点検十分 全く事故に繫がる要因無し。 じゃあ、公職、公共機関の職であればほぼ強制されるRNAワクチンの副反応ってことになるか。

また、名古屋高速バス炎上事故についてあおい交通にメールで運転手のワクチン接種について問い合わせした人もおり、「会社では接種の報告をさせていない」という回答があったことがわかっています。それであれば、あおい交通バス事故原因で副作用による心筋炎等で意識を失って事故に至った可能性は否定できないことになります。

名古屋高速バス炎上事故 メールで問い合わせた所、バス会社は接種の報告をさせていないと回答ありました。ワクチン副反応により心筋炎等で意識を失って事故に至った可能性は否定できません。

当社においては、ワクチン接種については、本人の判断に委ねています。したがって、接種の報告を社員にさせていません。当該乗務員が接種歴があるかないかは、正確にはわかりません。ご協力できず、申し訳ございません。 あおい交通株式会社

あおい交通バス事故の概要

あおい交通バス事故の概要をまとめていきます。

  • 2022年8月22日、2人が死亡し7人がけがをする事故が発生
  • 場所は名古屋高速道路・豊山南出口付近
  • 事故が起きたのは名古屋高速道路の本線と出口に向かう車線が分岐する場所
  • 栄発名古屋高速行きの高速バスが横転・炎上し、乗用車も一台巻き込まれる
  • ドライバーは運転手歴10年で、4年間この路線を担当していた

あおい交通バス事故への反応

あおい交通バス事故への反応をみていきます。

  • 仮に運転手の体調不良だったとしても短時間乗務で前日もしっかりと睡眠時間を取り、当日の健康確認でも問題がなかったと言う説明どおりなら中々対策は難しいかも知れない
  • まだ詳しい事故原因が分かっていないのにバスの運転手が悪いと決めつけるのはダメだと思います
  • 高速の合流地点では信号機を設置したりなど、もっと複合的に再発防止が必要だと思います
  • この種の事故は必ずある。電車の運行についても、運転士の居眠りの話はよく聞く

コメント

タイトルとURLをコピーしました