【ウマ娘】ジェミニ杯Bランクのデバフネイチャの育成とおすすめスキルを紹介

 

ジェミニ杯でデバフネイチャ使ってみようかな・・・

前回のタウラス杯では、距離が2400mということもあり、しっかりとステータスの振り分けができていれば、さほど脅威とはなりませんでした。

ただ、今回は京都3200mということで、デバフネイチャの影響によってレース展開が大きく変わることが予想されます!

そこで今回は、ジェミニ杯Bランクのデバフネイチャの育成や優先して取得するスキルは何がいいのかをお伝えしていきます。

【ウマ娘】ジェミニ杯Bランクのデバフナイスネイチャは必要?

まず、ジェミニ杯Bランク戦でのデバフネイチャですが、対戦相手のレース展開をぶち壊す「台風の目」的な存在になると予想しています。

ジェミニ杯のレースの舞台となるのは『京都レース場 芝 3200m(長距離) 右・外 春 晴 良』ということで、対戦相手のステータス・スキル配分は

  • スタミナ切れ対策
  • スタミナ切れ覚悟の逃げ切り

以上の二つのパターンが強い対戦相手になりそうです。

そして、この二つのパターンにはデメリットがあり

  • スタミナ切れ対策→スピード、パワーが盛れない
  • スタミナ切れ覚悟→スタミナ切れによるゴール手前の失速の可能性

このデメリットにデバフネイチャの「速度低下」「スタミナ減少」のスキルがハマると相手のレース展開は総崩れとなります。

なので、デバフネイチャを入れていれば有利か互角の勝負、入れてなければ不利なレース展開になりかねません。

実際に、私もスタミナ切れ対策のゴルシを作りましたが、スピード・パワーに不安しかありません。

このゴルシに対戦相手のデバフネイチャの「速度低下」が来たらラストスパートで差すことは難しくなります。

また、京都3200mの終盤は高低差のある上り坂があり、ただでさえパワーの無いスタミナ切れ対策の相手はラストスパートの加速がきつくなります。

※ジェミニ杯Bランクのレース(京都3200m)でスタミナ切れ対策が勝てない可能性については→【ウマ娘】ジェミニ杯Bランクのゴルシ育成!おすすめステータスを紹介の記事中で検証していますので参考にしてみてください。

以上のことを加味するとジェミニ杯Bランク戦でのデバフネイチャはチームにいると大きなサポーターとなり、対戦相手には当たりたくないウマ娘となりそうです。

↓↓デバフネイチャの育成は次のページへ↓↓