【ウマ娘】ジェミニ杯Bランクのデバフネイチャの育成とおすすめスキルを紹介

 

ジェミニ杯Bランクのデバフナイスネイチャの育成

まず、私が育成したデバフネイチャのステータスやスキル、サポートカードは以下のようになります。

ステータス、スキル

サポートカード

それでは、スキルやステータス、サポートカード、育成のコツを解説していきます。

スキル

ジェミニ杯Bランクのデバフネイチャに付ける『デバフスキル』と言っても、「駆け引き系、ためらい系、けん制系・・・」と発動タイミングや発動効果などがさまざまで一体どれにすればいいんだと思ってしまいますよね…。

ただ、実用的なおすすめスキルは①ためらい系全種②鋭い眼光③けん制系・焦り系のどちらかになります。(脅威を感じるキャラがいるなら③は重ね掛けもあり。例:ゴルシ/追込)

  • ためらい系:終盤の速度低下
  • けん制系、焦り系:疲れやすくする
  • 鋭い眼光:疲れやすくする(全体)

実際に、デバフスキルの一覧を見てみましょう。

スキル名効果発動タイミング
駆け引き系全般ウマ娘が掛かると落ち着くまで時間がかかる相手が掛ったタイミング
ためらい系全般レース終盤にウマ娘をためらわせて速度をわずかに下げる終盤
けん制系全般レース序盤にウマ娘をけん制してわずかに疲れやすくする序盤
焦り系全般レース中盤にウマ娘を焦らせてわずかに疲れやすくする中盤
トリック(後)レース中盤で後ろの方にいると前の掛かったウマ娘がわずかに疲れるスキル発動前に相手が掛っている。中盤
鋭い眼光レース終盤に他のウマ娘がわずかに動揺する<作戦・差し>終盤
スタミナイーターレース中盤で後ろの方にいると前方の持久力をちょっと奪う<長距離>中盤

一覧にすると上記のようになりますが、一つずつ解説すると

  • 駆け引き系:相手が掛かると落ち着くまでのスタミナ消費を増やせるが、掛からないと発動しない
  • ためらい系:終盤に速度を下げる。※相手のパワーが高いと速度は戻りやすいが、低いと非常に有効。
  • けん制系、焦り系:発動タイミングが違うので、有効作戦を重ねると二度スタミナを減らせる。
  • トリック(後):すでに相手が掛かっていることが条件
  • 鋭い眼光:位置や掛かり状態不問で妨害できる(アイコン的にはスタミナ減少)
  • スタミナイーター:範囲は前方(自分の前を走るウマ娘複数)のスタミナを他のデバフの半分程度を減らし、白回復の1/3程度自身が回復する。※諸説あり

以上の内容になります。また、デバフスキルはサポートカードのヒントが運よく回ってこないといけないので、けん制系・焦り系はどちらか一つでスタミナ低下を狙うと育成が楽になります。

駆け引き系やトリックは脚質を選びませんが、掛かることが前提なので優先度は低め。

また、スタミナイーターは範囲的にスタミナを減らすことができますが、マンハッタンカフェから狙ってヒントをもらわないといけない点や、

デバフネイチャがスタミナ調整のために回復して一位を取る必要はないので優先度は低くなります。

ステータス

ステータスとしては、ストーリーを進められる能力値は確保しつつ、スキル発動率を高めるために賢さ800を目標に育てることをおすすめします。

※公式から発表されたものではありませんが、有志によってスキル発動率と賢さの関係が数値化されています。

サポートカード

サポートカードは手持ちにもよりますが、手持ちでデバフスキルが十分に獲得可能ならフレンド枠をキタサンブラックにすると目標レースの達成が楽になります。

<使用サポート>

  • マーベラスサンデー:逃げためらい、先行ためらい
  • 桐生院:追込ためらい、逃げけん制
  • シンボリルドルフ:逃げけん制、先行けん制、差しけん制、追込けん制
  • ライスシャワー:先行けん制、先行焦り
  • エアグルーヴ:追込焦り、追込ためらい

デバフスキルはサポートカードのヒントが運よく回ってこないといけないので、けん制系・焦り系はどちらか一つでスタミナ低下を狙うと育成が楽になります。(けん制:序盤、焦り:中盤)

育成のコツ

育成のコツとしては、

  • 因子をスピードで上げる
  • 因子で目標レース失敗の確率を減らすために脚質適正を先行Aにする
  • 目標失敗を防ぐために目覚まし時計を準備
  • ヒントを取りこぼさないように体力を半分くらいで調整する
  • 固有Lvを上げないように理事長を踏まない、ファン数を増やし過ぎない
  • URAでは評価点調整でわざと負けを選択する場合もある

最後に、ウマ娘評価シュミレーターのフル活用が終盤では特に重要になります!