副業スクールで失敗する理由を迷宮ブラックカンパニーにアフレコしてみた

【あらすじ】
とあるスクールに30万ゼニ―で入会した二ノ宮キンジ。
期待に胸膨らませ覚悟は決めたはずだったのだが…

「あなた方は本当に成功したいですか?」

「なんとしてでも成功する覚悟はありますか?」

「もし覚悟があるのであれば…」
「睡眠時間を削ってでも働きなさい!」
「お客様の感謝を集めれば必ず…」
「今していることは報われます!」

「ここでは多くの方々が結果を出しています!」
「あなた方も諦めず続けましょう!」

<絶対やってやる!ギンジはそう思っていた…>

「ふんっ!ふんっ!」

「ああっー!」

「ああー!」
「サルヤマさんが全裸で踊り出したぞ!」

「サルヤマ先輩ここ最近、気分の浮き沈みが激しかったもんなー」
「限界かー?」
「だろうなぁ…」

「おうギンジ」
「最近、成績が沈んでるがどうかしたのか?」
『いや別に』

「別にじゃねーだろ!」
「てめぇー成功したいからここに来たんじゃねーのか?」

「合理的にやれよな!」
「てめーの感情なんか関係ねーんだよ!」

「仕事ってのは合理的にやってナンボなんだ!」
「いいか!俺が駆け出しの頃にはな…」

「ざっけんなボケェー!クソ!クソ!クソ―!」

「なんでだ…どこからおかしくなった?」
「ゴミ同然のものが売れるからといって…」

「そんなのを掘り当てて何になる…」

「間違っている…」
「こんな合理性なんかあってたまるかー!」

アフレコアニメのデータ

【お借りしたアニメ】
迷宮ブラックカンパニー

配信先はこちら

dアニメABEMAAmazonプライムHuluU-NEXT

参考文献はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。