【ウマ娘】ジェミニ杯Bランクのゴルシ育成!おすすめステータスを紹介

 

ウマ娘のチャンピオンズミーティング「ジェミニ杯」が開催となりましたね。

今回のレースの舞台は、「京都レース場 芝 3200m(長距離) 右・外 春 晴 良」ということでネット上では『ゴルシの無双再び』と話題になっています。

前回のタウラス杯でもゴルシは強かったですよね!

【追記】そして、今回もやはり強かったです。

そこで今回は、ジェミニ杯Bランクのゴルシ育成時の目標ステータスを考察してみました。

ステータスの配分に悩んでいる方は参考にしてみてください。

【ウマ娘】ジェミニ杯Bランクのゴルシ育成のポイント

まず、ジェミニ杯Bランクで勝てるゴルシを育成するポイントとして

  1. レース場の特性を理解する
  2. ゴルシの脚質・固有スキル、レース場に合わせたステータス配分

以上の流れになります。

前回のタウラス杯Bランクもそうでしたが、強いゴルシは上記についてよく考えられているものでした。

では、早速レース場から攻略していきましょう!

レース場の特性を理解する:ジェミニ杯のレース場(京都3200m)

まず、ジェミニ杯のレースの舞台となるのは「京都レース場 芝 3200m(長距離) 右・外 春 晴 良」ということで第一に懸念されるのは『スタミナ不足』です。

前回のタウラス杯は2400mでしたが、Bランクといえど『スタミナ800+金回復1つ』のスタミナ量がないと道中のデバフや掛かりによって走り切れないウマ娘が続出しました。

そのことを加味すると、必要なスタミナ量は「スタミナ1200+金回復1つ+根性450」が完走するのに必要な条件と予想していました・・・・。

【追記】実際に、ジェミニ杯で走らせてみた結果、この予想は正解していました。

ですが、レース競技場で自分の育てたBランクのウマ娘たちと走らせてみると衝撃の結果となりました。

ジェミニ杯Bランクのレース(京都3200m)でスタミナ切れ対策は勝てない?

まず、ゴルシを完走させるために必要なスタミナ量は、前回のタウラス杯を加味しても「スタミナ1200+金回復+根性450」が計算上では必要となります。

また、終盤の加速やスキル発動を考えると以下のようなステータスになります。

さらにこちらは、固有スキルをLv.3にして評価点の170ptをステ振りに回しています。また、運よく長距離Sになっておりスピードの強化が行えています。

このゴルシが出来た時、『逃げ馬がヘロヘロになったところをゴルシがぶち抜いていく姿が見えたわw』と思っていました。

【追記】本当にぶち抜いていきました。

ですが、実際にレース競技場の京都3200mを走らせた結果は

ちょ、まっ。

マックイーンの圧勝となりました。最後はまさかの7バ身差・・・。(やる気を合わせるためにパフェを使用)

バグでマックイーンが2回マエストロを発動してないかとリプレイで確認しましたが、不正はありませんでした。

そして、スタミナ切れで体勢が起き上がることもなく、2回目のレースは円弧のマエストロを発動せずにマックイーン勝利と、、、。

今回、見事に勝利したマックイーンのステータスは

前回のタウラス杯で育成しスキルに根幹距離◎とマエストロがあるものの、スタミナ1200のゴルシとは300近くの差があります。

また、今回の検証のためにパフェでやる気を上げていますが、計算上では3200mのラストスパートを走り切るスタミナが200ほど足りません。(根幹距離◎をスタミナ+60で計算)

もちろん、レース競技場の出走馬数(12)とチャンピオンズミーティングの出走馬数(9)では対抗馬によるブロックによる加速不順も考えられます。

ただ、レースを見るとコース終盤でのゴルシの走りがなかなか伸びないということ。

というのも、京都3200mにはレース終盤に上り坂があり、ラストスパート(残り1000m)の開始位置が上り坂の途中ということです。

画像参照:競馬ラボ

(画像の見方は黄色▷がスタート、赤色▷がゴール)

つまり、スタミナ切れ対策の「スタミナ1200+金回復+根性450」を基準としたステータス配分をしたゴルシのパワー600・スピード570では、

マックイーン(パワー840・スピード830)には追い付けず、逃げ切られてしまうということです。

レース場の癖としてBランクの場合、ジェミニ杯のレースの舞台となる「京都レース場 芝 3200m(長距離)」では、スタミナ切れ対策を完璧にすると終盤で差すことが出来ずに結果的に負ける可能性があります。

【追記】実際のジェミニ杯Bランクのレースでは、確かに自分のマックイーンが逃げ切ることもありましたが5レース中4回はスタミナ特化ゴルシが1位となる結果でした。

↓↓ゴルシのステータス振り分けは次のページ↓↓