事件

花水ラオシャン本店経営者(相澤孝文)がアルバイトにわいせつ行為「3代目店長で閉店か」

事件

2022年7月5日、花水ラオシャン本店経営者(相澤孝文)がアルバイト店員の大学4年の女性に無理やりキスするなどわいせつな行為をしたとして逮捕されました。

花水ラオシャン本店経営者(相澤孝文)は3代目店長で歴史のある人気タンメン店ということもあり注目が集まっています。花水ラオシャン本店経営者(相澤孝文)がどのような人物なのか調査しました。

花水ラオシャン本店相澤孝文

花水ラオシャン本店相澤孝文がどのような人物なのか調査しました。

花水ラオシャン本店相澤孝文の顔画像を見るとわいせつ事件を起こすような方には見えませんが、世の中には「むっつりスケベ」という言葉があるようにその類だったのでしょうか。

また、花水ラオシャン本店相澤孝文は地域活性化にも熱心で、本拠地を湘南に置く湘南ベルマーレに100万円の寄付金を2020年に贈るなど地域に根差した活動をしていました。

花水ラオシャン本店相澤孝文は寄付の際のインタビューで「金額は大企業に比べれば少ないかもしれないけれど、みんなの気持ちが詰まっている。後半に向けて勢いに乗ってほしい」と話したそうです。

花水ラオシャン本店3代目で閉店か

花水ラオシャン本店は3代目店長で閉店してしまうのか調査しました。現在、花水ラオシャン本店が今後も営業を続けるのかは不明となっています。

また、過去に来店した方の話では花水ラオシャン本店3代目は「他の客が行列を作ってラーメンを待ってるにもかかわらず、ベルマーレのサポーターが来るとカウンターで客と話し込んでしまうなど何かが抜けてるところがあるな」とは感じてたとのことです。

花水ラオシャン本店3代目で60年以上続くタンメンの人気店でした。事件の際、相澤容疑者は店を閉めた後、午後10時頃から女性と2人きりになって酒を飲み始め「キスをしたことは間違いない」と容疑を認めているということで、その歴史に泥を塗ることになってしまいました。

花水ラオシャン本店経営者(相澤孝文)がアルバイトにわいせつ行為事件

花水ラオシャン本店経営者(相澤孝文)がアルバイトにわいせつ行為事件の概要は以下の通りです。

  • 2022年4月、平塚市にある「花水ラオシャン本店」の経営者の相澤孝文がアルバイトの女性にわいせつな行為をしたとして、県警に逮捕される
  • 県警によると相澤孝文は2022年4月、営業時間後の店内でアルバイト店員の20代の女性に、無理やりキスをするなどのわいせつな行為をした疑いが持たれている
  • 相澤孝文は店を閉めた後、午後10時頃から女性と2人きりになって酒を飲み始め、調べに対し「キスをしたことは間違いない」と容疑を認めている
  • 女性は当時、相澤孝文からわいせつな行為をされた際に、SNSで家族に「助けて」とメッセージを送り、相澤孝文に解放された直後に110番通報した
  • 「花水ラオシャン本店」は60年以上続くタンメンの人気店で、相澤孝文は3代目の経営者でその歴史に泥を塗る

 

あくた市

コメント

タイトルとURLをコピーしました