MLMの勧誘の手口(ABC)をヒロアカで再現するとハマる人は○○


オールマイト「初めまして。君が爆豪少年の友人の緑谷少年だね!」
デク「はっ、はい!そうです。緑谷出久と申します。今日はお時間いただきありがとうございます!」


カッチャン「オールマイトは忙しいんだ!与太話は早々に、さっさと本題に入ろうぜ」
オールマイト「爆豪少年の大切な友人のためだ。ちゃんと時間は取ってあるよ」
「とは言え、緑谷少年も今回の内容が気になることだろうから早速、話をしていこうか」


オールマイト「爆豪少年から聞いているように私たちは”とあるビジネス”をしている」
「このノートは爆豪少年から聞いた君の個性をどのようにして”私たちのビジネス”に活かしていけるのか?をロードマップにしたものだ」


デク(僕の個性を活かしたロードマップ…)
カッチャン(…俺が紹介されたときはそんなの無かったぞ)


オールマイト「しかし、驚いたよ。爆豪少年も相当な原石だが、緑谷少年もそれに匹敵する可能性を秘めている」


カッチャン「ったりめーだろが!こいつのことは俺が誰よりも知っている」
「俺がサインアップしたとき、”俺が紹介するなら”と一番に浮かんだのがこいつなんだからな」


オールマイト「とは言え、これは君の言葉で聞いたことじゃない」
「緑谷少年。君はどんな未来を手に入れたい?」
デク「僕は、成功者のような『自由な時間』『経済的自由』が欲しいです!」


オールマイト「それは良いことだ!私もヒーローとして活動していたが自由な時間はおろか、経済的には自由と言えるものではなかった」
「しかしこのビジネスに出会い、師匠を持ったことにより人生は一変した!」


オールマイト「それに君たちは若い!今後、この業界を引っ張っていくリーダーになるのは君たちのような存在だろう」


オールマイト「そこで問う、緑谷少年!君に覚悟はできているか?」


デク「…僕は(本当に大丈夫なんだろうか)」


カッチャン「こいつには”願望”はあるものの、一歩踏み出す勇気がねぇんだ」


オールマイト「そうだったのか。実はね、僕もお師匠に初め”このビジネス”を勧められた時、1年待ってもらったんだ」


カッチャン「そんな話、初耳だぜ!」
デク(…僕はどうしたらいいんだ)


オールマイト「だけどね、私はその悩んだ1年間を今もなお、後悔するときがたまにあるんだ」
「緑谷少年。君には私と同じ後悔はして欲しくない…」


デク(…僕は!)

アフレコアニメデータ

【お借りしたアニメ】
僕のヒーローアカデミア(5期)

配信先はこちら

dアニメAmazonプライムHuluU-NEXT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。