平野綾(ハルヒ声優)が声変わりで低い声に変わった?昔と現在を比較

超次元音楽祭で平野綾さんが歌った「God knows」(涼宮ハルヒの憂鬱)の声が変わったと話題となっていますね!

アニメの時の(声の)記憶が強い方は声の変化に気付いた方も多いのではないでしょうか。

ということで、今回は平野綾さんの声が変わった理由やハルヒの時と現在を比較してみたいと思います!

スポンサーリンク

平野綾が声変わりで低い声に変わった?

元々、「声が通っていて聞きやすい」との意見が多かった平野綾さんですが、アニメが放送されたのが14年前の2006年(当時18歳)ということもあり声変わりで低くなったのでは?というファンの声もありました。

また、スマホゲームのシャドウバースが涼宮ハルヒの憂鬱とコラボした(2019年11月)の声も変わったとの意見が少なからずありましたので、比較してみたいと思います。

アニメ放送時の声

なんとなく、声のキーが下がっている気がしますね。

ただ、調べたところ女性の声変わりは男性のように露骨な変化を感じることは稀で、気づきにくいとのことだったので他にも理由がありそうです。

スポンサーリンク

平野綾が声変わりで低い声に変わったのは舞台(ミュージカル)の影響?

平野綾さんは2011年からは舞台もこなすようになり、
ミュージカルでの声の出し方に変わってきてるのではないかとの声もありました。

また、舞台(ミュージカル)と声優の声の出し方の違いですが、
舞台の場合は声の響きと声色の両方を使い分ける感じですが、声優やナレーターの場合は普段の話し声に少し響きを足すくらいとのことだったので、そういった部分で変わってきたのかもしれませんね。

では、これらのことを踏まえて昔と今を比較してみましょう!

平野綾が声変わりで低い声に変わった?ハルヒ(昔)と現在を比較

やはり、声の響きや声色が変わっていますね。

今回は平野綾さんの声が変わった理由やハルヒの時と現在を比較してみましたがいかがだったでしょうか。

現在も声優としてもがんばっていらっしゃるので、今後の活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク