麻生氏の「一つの民族」がなぜ(なんで)不適切発言?なにが問題とネット騒然!

「日本は同じ民族が、同じ言語で、同じ一つ王朝を…」と麻生氏が発言し、これに対して批判呼ぶ可能性があると報道されたとこにネット上では疑問の声が上がっています。

今回は、なぜ批判を呼ぶ可能性があると報道されたのかの理由とネット上の声を見ていきたいと思います!

麻生氏の「一つの民族」がなぜ(なんで)不適切発言?なにが問題

麻生太郎副総理兼財務相は13日、地元・福岡県飯塚市で開いた国政報告会で、日本について「2000年にわたって同じ民族が、同じ言語で、同じ一つの王朝を保ち続けている国など世界中に日本しかない」と述べた。

麻生氏の「一つの民族」がなぜ不適切発言なのかの理由を探したところ、

アイヌや琉球など複数の民族が2000年以上を共にしてる多民族国家である。

ということでした。

ただ、現代の日本人の考えとしては、複数の民族という意識はないに等しく、メディアが過剰反応(不適切発言)したことが問題なのではないか?との声が多く上がっていました。

世間の反応