井岡一翔のキャラが変わったのはいつから?キャラ変の理由を調べてみた

 

プロボクサーの井岡一翔さんに「違法薬物疑惑」があったと話題となっています。

井岡一翔さんと言えば、2020年大晦日に田中恒成さんと対決し感動を与えてくれました。

また、その時にはこれまでのイメージとは違い、髪型がドレッドヘアになっていたり、タトゥーが増えていたりと「キャラ変えた?」とネット上でも話題となりました。

そして今回話題になっている違法薬物疑惑。やはり、キャラや雰囲気が変わったのには何か理由があったのでしょうか。

そこで今回は、キャラが実際に変わり始めたのはいつからなのか?その理由についても調べてみました。

井岡一翔のキャラが変わったのはいつから?変化前と現在を比較

井岡一翔さんのキャラ(態度)が変わり始めたのはタトゥーを入れ始めた「2018年1月~9月ごろ」のようです。

また、スポーツ紙のボクシング担当の話ではその頃から目つきも変わったように感じていたそうです。

<2017年12月の現役引退表明時と2020年大晦日の画像比較>

外見が「オラオラ系」に変化しているのもそうですが、目つきも変わっているように見えますね。

また、2020年大晦日の試合で井岡さんを久しぶりに見た人には「一瞬、誰かわからなかった」との声が多く上がるほどでした。

井岡一翔のキャラが変わった理由を調査

では、井岡一翔さんのキャラが変わったのはなぜなのか?その理由を調べてみました。

理由①ジムの移籍

井岡一翔さんのキャラが変わった理由として、はじめに父親の運営する「井岡ジム」から移籍したのが影響してそうです。

元々、井岡一翔さんはボクシングに対して非常にストイックで、『強い奴と戦って自分の価値を証明したい』というのを望んでおり、肩書やお金は二の次でした。

ですが、ジムにとってドル箱である井岡さんが確実に勝てるであろう相手を中心にマッチメイクしてきたとの話もあり、井岡さんの理想のボクシングというよりは型にはめられたボクシングだったのかもしれません。

また、実際に父親との関係も悪化していたようでジム移籍後からのキャラの変化を見ると、本当の姿は現在のキャラだったのかもしれませんね。

理由②谷村奈南との離婚

二つ目に井岡一翔さんのキャラが変わった理由として、谷村奈南さんとの離婚が影響してるのではないかと言われています。

井岡一翔さんは2018年11月に歌手の谷村奈南さんと離婚しました。

発表当時はわずか1年半というスピード離婚に驚きの声があがりましたが、井岡さんが再婚した奥様の妊娠を考えると二人は離婚する前から付き合っていた不倫関係だったのではないかと言われています。

元々、谷村奈南さんとの結婚は父親からも反対されており、押し切って結婚する形となりました。

ここでも、父親か・・・。と思ってしまいそうですが、それだけ影響力が大きかったのかもしれません。

これらのことを加味すると離婚によりキャラが変わったというのは可能性が低そうですね。

まとめ

今回は井岡一翔さんのキャラが変わったのはいつからなのか?また、その理由はなぜなのか調べてみました。

井岡一翔さんのキャラ(態度)が変わり始めたのはタトゥーを入れ始めた「2018年1月~9月ごろ」のようで、キャラが変わった理由としては、

父親の運営する「井岡ジム」から移籍し、父親の管理下から外れ本来の姿になったのが濃厚そうです。

現在、「違法薬物疑惑」があったと話題となっていますが、試合で感動を与えて話題になってほしいものです。