伊藤健太郎の言い訳が頭悪そうと話題!頭が良いのは勉強だけだった?

 

俳優の伊藤健太郎さんが2021年5月1日に「新・情報7daysニュースキャスター」での取材に答える内容が放映され、その時の応答が頭が悪そうとネット上で話題になっています。

伊藤健太郎さんと言えば、2020年の10月28日に都内で乗用車を運転中、バイクに衝突しその後立ち去ったとし、過失傷害とひき逃げの疑いで逮捕(30日に釈放)され、2021年の3月に不起訴処分となったばかりでした。

現在、芸能界復帰へ動いていることもあり、事件後の取材での応答は視聴者にとって「受け入れるか、受け入れないか」を測るものでもあります。

そして、今回の放送をみた視聴者からは「言い訳がましい」「質問に対する答えが頭悪そう」など。あまり評価を集めるものではありませんでした。

そこで今回は伊藤健太郎さんは本当に頭が悪いのか?エピソードなども含めて調べてみました。

伊藤健太郎の言い訳が頭悪そうとネット上で話題

まずはネット上での反応を見ていきましょう!

注目の集まったインタビューの内容としては、

取材:「手錠かけられた時にどう思いましたか? 」
伊藤健太郎:「冷たかった」「重たかった」

というもので、視聴者の目には逆効果だったのではという声も集まっていました。

そして、放送されたのは『2時間のインタビューの内の10分間』ということもあり、切取り方次第では真意が伝わっていないのではないかという疑問の声も上がっていました。

では、伊藤健太郎さんは本当に頭が悪いのでしょうか?次にエピソードを見ていきたいと思います!

伊藤健太郎の頭が悪そうなことが分かるエピソード

日本アカデミー賞で悪ふざけ

伊藤健太郎さんは2018年の第42回日本アカデミー賞で新人賞を受賞しました。その授賞式で受賞者が並んで歩いて進むところ、彼だけは道を外すというエピソードがあります。

ファンはともかく、その様子は緊張というよりはおふざけに見えた視聴者もいたようです。

<その時の様子>

伊藤健太郎の頭が良いのは勉強だけだった?

事件後のインタビューでの応答や日本アカデミー賞での様子から「頭悪そう」と言われている伊藤健太郎さんですが、

実際のところ、伊藤健太郎さんの学力は非常に優秀で英語も感覚で話せるほどとなっています。

<伊藤健太郎さんが英語でインタビューしている様子>

また、中学時代には海外でホームステイをされるなどの経験もあり、

出身中学の聖徳学園中学校の偏差値は59~64となっており、出身高校は聖徳学園高校で偏差値は59〜64となっており学力は申し分なかったと言えますね!

ただ、今回のニュースでのインタビューでは視聴者から「頭悪そう」のレッテルを張られてしまっているので、今後の活動に気を付けていただければと思います。