加藤清史郎の子役時代の画像一覧!子役デビューからの写真を時系列順にまとめてみた

 

こども店長として注目を集めた俳優の加藤清史郎さん。

2021年4月現在は19歳となり、可愛らしい子役時代とは一変し、ネット上では『イケメンになった!』と話題になっています。

また、2021年4月からスタートする「ドラゴン桜」に、東大を目指す生徒役として出演するということで再び大きな注目を集めそうです。

そこで今回は、加藤清史郎さんの子役時代の姿を振り返ってみていきたいと思います!

加藤清史郎のプロフィール


  • 生年月日 2001年8月4日(19歳)
  • 出身地 神奈川県
  • 身長 163cm
  • 血液型 A型

2020年4月からは大学生となり、子役時代のような可愛らしさはすっかりと大人な雰囲気をまとう好青年に成長しましたね!

では、早速子役時代の画像をデビュー時から見ていきたいと思います!

加藤清史郎の子役時代の画像一覧!子役デビューからの写真をまとめ

デビュー初期:2003年(1歳11カ月)

まず初めに加藤清史郎さんが子役デビューした2003年の画像から見てみましょう。

テレビドラマ『ぼくの魔法使い 最終話』でミニみったん役として出演しました。

当時の年齢は1歳11カ月ですが、目元のクリっとしている所が現在と見比べても面影が残っていますよね!

2004年(3歳)

テレビドラマ『バツ彼』に出演した時の加藤清史郎さん。

三歳になりたてで、おんぶされている姿が可愛すぎますね!

2007年(6歳)

NHKの大河ドラマ『風林火山』に出演した時の加藤清史郎さん。

もうこの頃には顔つきが俳優ですね!また、放送直後からNHKには感動したという賛辞とあの子役は誰かという問い合わせの電話が相次ぎ、「また出演してほしい」という声があったようです!

2009年(8歳)

『天地人』

『こども店長』

加藤清史郎さんの子役時代といえばこの頃の顔を思い出す方も多いのではないでしょうか。

2009年4月5日から放送されたトヨタ自動車のCMに「こども店長」として出演。同CMに出演してから「こども店長」と呼ばれることが多くなったそうです。

また、2009年11月3日放送回の『徹子の部屋』に出演し、当時の単独出演最年少記録となったようです。

2011年~2013年(10歳~12歳)

2011年『任侠ヘルパー』

2013年『相棒Season11』

学年としては小学4年から6年生(10~12歳)となり、顔つきに少しずつ変化が見え始めてきましたね!

そして、この時にはすでにこれまでのような子役としての演技だけでは俳優としての幅が広がらないことも冷静に把握していたようです。

また、舞台『レ・ミゼラブル』の海外スタッフに通訳を介して演技指導を受けたが、

「自分で英語を理解してコミュニケーションをとれたらもっと役どころをもっと深められるかもしれない」

と思い、いずれ留学をして英語を身につけたいと考えるようになったようです。

2016年(15歳)

中学三年生の時に出演した『OUR HOUSE』では、顔つきが男の子から男子に変わっているのが分かりますね!

また、このころには以前に共演した市川海老蔵さんの言葉に背中を押され、俳優としての道を歩む決意を固めており、中学卒業後はイギリスの高校へ進学します。

2018年(17歳)

17歳の時に出演した『相棒 Season16』では子役というよりは、「俳優」という言葉が似合う顔立ちとなりましたね!

もしかしたら、俳優としての道を固めて留学したことにより、彼の中で何かが変わったのかもしれませんね。

まとめ

今回は、加藤清史郎さんの子役時代の画像をデビュー時から高校生のときまでまとめてみました。

子役デビュー時から高校生の時までを時系列でみると大きな変化を感じるものでしたね!

2021年4月からは「ドラゴン桜」に出演するということなので、成長した姿を楽しみにみていきたいと思います。