稀勢の里(荒磯親方)の断髪式の動画!最後の土俵入りも!

今月の29日(2019年9月)に元横綱の稀勢の里(荒磯親方)の断髪式がありましたね!

断髪式では、力士や支援者ら約300人が大いちょうにはさみを入れ、父の萩原貞彦さんがはさみを入れた際には、

目からこぼれる涙を何度もぬぐい、最後に師匠の田子ノ浦親方が大たぶさを落とすと、観客から「キセノサトー」「ありがとう」と大きな声が飛び観る人の胸を熱くするものでした。

そこで今回は、稀勢の里(荒磯親方)の断髪式の動画を振り返って観ていきたいと思います!

稀勢の里(荒磯親方)の断髪式の動画

荒磯親方(元稀勢の里)に鋏を入れる、元横綱日馬富士

■荒磯親方(元稀勢の里)に鋏を入れる、兄弟子・西岩親方

■師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が大たぶさを落とすシーン

また、まげに別れを告げた荒磯親方は散髪をしながら「今日であの歓声は最後。あの声援に(現役の)最後まで助けられた」と語り、

指導者としての目標を聞かれた際は「つまらない事もやり続けられる、忍耐強い力士を育てたい」と語ったそうです。

今後、出てくる荒磯親方の弟子たちの活躍が楽しみですね!

最後は、稀勢の里の「最後の土俵入り」で締めくくりたいと思います。

■荒磯親方(元稀勢の里)、最後の土俵入り