熊本老人ホーム事件はどこ?南区の「はなな」で虐待?!

熊本の老人ホームで90代女性に対し複数の職員から虐待があったという報道がニュースとなりましたね。

同じように老人ホームに家族を預けているものからしたら悲しいことですし、そんなことが起こったところには預けたくないと思う方がほとんどではないでしょうか。

そこで今回は虐待が起こったところがどこだったのか見ていきたいと思います。

熊本老人ホーム事件(虐待)が報道

報道された内容はこちら

【報道の内容】

  • 映像を撮影したのは、女性の息子。
  • 母親の体に、けがが絶えないことを不審に思い、室内にカメラを設置した。
  • カメラを持って帰るごとに、虐待のシーンが入っており、(虐待していたのが)1人じゃなくて6人ぐらいだったとのこと。
  • 1月下旬に、母親を別の施設に移したという。
  • 全治1カ月くらいのケガを負うも、施設側は『謝罪させてください』と言ったが、何もそのあと連絡もない
  • 施設の代表は、「虐待にあたると、わたし自身も思います。全員『謝罪させてもらえれば』と言っています」、「ほかの入所者に、不適切な行為はなかったか確認するとともに、職員に対して指導や研修を行っていきたい」と話している。
  • この事態を受け、行政も動く事態で熊本市は、「家族からの申し入れを受け調査に入った。今後も調査を続ける」としている。

報道では施設名等は公表されませんでしたが、施設の外観や内観からどこの施設だったのかみていきましょう。

熊本老人ホーム事件はどこ?南区の「はなな」で虐待が濃厚?!

ニュースで施設の外観や内観がモザイクで映し出されていましたが、SNS上では「はなな」ではないかとの声が多く上がっていました。

施設:住宅型有料老人ホームはなな
所在地: 
〒861-4171 熊本県熊本市南区御幸西3丁目9−36

では、「はなな」であるのかニュースで流れた外観や内観と比較していきましょう。

【ニュースで流れた外観と老人ホームはななの外観】

 

玄関までの窓数が一致しているように見えます。

【ニュースで流れた内観と老人ホームはななの内観】

 

アングルは異なりますが部屋と部屋との間にある内装が一致しているように見えます。

また、「はなな」に対する口コミがニュース報道から集まっているところを見ると可能性は非常に高そうです。

ネット上の反応