メタライド(METARIDE)とヴェイパーフライの比較!どっちを選んだ方がいい?

新しいシューズを買おうと思って、メタライドとヴェイパーフライのどっちにしようかな?と悩んでいる方も少なくはないと思います。

どちらも2万円を超えるシューズなので、走法や自分のレベルに合っているものにしたい所ですよね。

そこで、今回はメタライドとヴェイパーフライの比較をわかりやすく見ていきます!

メタライド(METARIDE)とヴェイパーフライの比較!

簡単に比較すると以下のようになります。

  メタライド ヴェイパーフライ
走法 かかとから着地する
ヒールストライク走法が前提
つま先から着地するフォアフット
もしくは
ミッドフット走法
(足裏全体での着地)を奨励
対象 長く走ること(完走)を主軸
とした一般ランナー
ヴェイパーフライ4%は上級者、
具体的にはサブ3をめざすランナー向け
重さ 約305g(US 9サイズ) 200gを切る
耐久性 高い 軽さを極限まで追求しているため、
普及版のズームフライより耐久性は低い

まず、メタライドはヴェイパーフライに比べると重量があり、重く感じると思います。

けれども、日本人の多くはかかとから着地するヒールストライク走法が多く、フォアフットやミッドフット走法のランナーでもレース後半は疲れからかかと着地になりがちです。

そういった部分では、かかと着地を前提に体重移動で前へ推し進める特徴のメタライドはランナーをレース後半の疲れをサポートしてくれ完走を補助してくれそうです。

そして、ヴァイパーフライは記録を更新したい!というランナーに向けられたシューズという位置づけで作られています。

メタライド(METARIDE)とヴェイパーフライの比較!まとめ

簡単にまとめると、

「メタライド向き」

・かかと着地の方:フォアフットもしくはミッドフット走法の習得前
・レース後半に足が重くなる方:体重移動で前に推し進めてくれる
・レースを完走したい方

「ヴァイパーフライ向き」

・フォアフットもしくはミッドフット走法の方:メタライドでは走法が崩れる
・記録を伸ばしたい方
以上になります。

↓↓ 関連記事 ↓↓

メタライド(METARIDE)のレビュー(口コミ)!アシックス(asics)の2019新作はどう?

1 個のコメント