西村康稔経済再生担当大臣が新型コロナウイルス担当相? 病院での暴言や買春にネット上では無理との声

新型コロナウイルス対策に関する法改正の担当に西村康稔経済再生担当大臣を起用することが決まり、

ネット上では早くも「この人には無理」との声が上がっています。

というのもの過去に
・ベトナム買春疑惑
・豪雨被害による自粛時に”赤坂自民亭”で大はしゃぎ

などの過去があるからです。ということで、今回は西村康稔経済再生担当大臣が新型コロナウイルス担当相の任命についてのネット上の声をまとめてみました。

西村康稔経済再生担当大臣が新型コロナウイルス担当相にネット上では

病院の詳細等は不明ですが、『国会議員の西村や!並んどる暇無いんや、早せえ!』と言って横入りをしたのの情報が上がっておりました。

また、最近ではイベントなどがコロナウイルスにより自粛となっていますが、2月25日に政治資金パーティ「杉田水脈を育てる会」というパーティにも参加していたとのこと。

そして25日といえば、加藤大臣が「屋内イベントは自粛を」と呼びかけた当日であり、自民党の議員たちは「大臣の会見内容は知らなかったし、物理的に当日キャンセルはできなかった」から盛大に政治資金集めパーティを開いたとのこと。

意識の低さがにじみ出てますね。

また、ネット上では西村と言えば「西村康稔副大臣 ベトナム買春疑惑 (週刊文春 2013.06.26 18:00)」しか、思い出さないわとの声が多く上がっていました。

また今回ニュースでは、

西村大臣の起用は国会での答弁能力をかわれたものとみられ、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を可能にするための法案審議に担当大臣として臨み、答弁にあたる。

とのことでしたが国会での答弁能力ではなく、北海道で「緊急事態宣言」を出した鈴木知事のような責任を負う器量と迅速さが必要なのではないでしょうか。