話題

岡本恵典学歴「理数系教育で他人の気持ちを忘れたか」就活の教科書運営会社社長

話題

2022年6月28日、就活の教科書が公開した記事「底辺の仕事ランキング一覧」が削除されました。
就活の教科書の運営会社社長(岡本恵典)が自ら記事を監修していることもあり、その内容に批判が相次いでいます。

岡本恵典の記事内容は「職業差別を助長する」「世の中の仕事を馬鹿にしてるのはあり得ない」など物議をかもしています。そこで、就活の教科書運営会社社長(岡本恵典)はどのような人物なのか学歴や評判を調査しました。

岡本恵典学歴「理数系教育で他人の気持ちを忘れたか」

就活の教科書運営会社社長(岡本恵典)の学歴について調査しました。岡本恵典の学歴は以下の通りになります。

  • 出身高校:和歌山県立向陽高校
  • 出身大学:大阪府立大学理学部、大阪府立大学大学院理学研究科

岡本恵典の学歴にある「和歌山県立向陽高校」の偏差値は「66」で、和歌山県内の高校偏差値ランキングでは公立高校2位となっています。また、岡本恵典の通った学校である和歌山県立向陽高校はスーパーサイエンスハイスクール に指定されてるなど「理数系教育」に重きを置いたところになります。

※スーパーサイエンスハイスクール とは

高等学校等において、先進的な理数教育を実施するとともに、高大接続の在り方について大学との共同研究や、国際性を育むための取組を推進します。また創造性、独創性を高める指導方法、教材の開発等の取組を実施します。

国立研修開発法人 科学技術復興機構

また、岡本恵典の学歴にある大阪府立大学の偏差値は「62~70」となっています。岡本恵典は理数系の大学・大学院と進み、ITベンチャー企業に営業職として就職しますが、自身の適性やその会社の社風にあわず9か月で退社します。

岡本恵典はもともとブログアフィリエイトや転売・YouTubeなどに挑戦しており、一番成果の出ていたブログアフィリエイトを主軸にしていました。その後、トレンドに左右されない分野として、岡本恵典自身も就活で体験したことや社会人になってわかったことなどを書き綴っていたこともあり、より本格的に就活生たちに役立つ情報を提供したいと考え、Webサイト「就活の教科書」を立ち上げましたと過去のインタビューでは語っています。

岡本恵典、「就活の教科書炎上」により評判記事は飛び火を避けて削除済みか

岡本恵典の就活の教科書の評判を調査しました。岡本恵典の「就活の教科書」の評判を書かれた記事は現在削除されており、今回の炎上により飛び火を避けたものかと思えるものでした。

就活の教科書の評判・口コミまとめ

  • 評判①顔出ししていて信頼性が高いサイトである
  • 評判②総合的に使える情報が多い
  • 評判③就活力を鍛えるのに役立つ
  • 評判④就活でタメになる情報が満載である
  • 評判⑤記事の内容が面白い

以上のように岡本恵典「就活の教科書」の評判ということで、べた褒めしていましたが記事のリンクを踏むとすでに記事は削除されていました。岡本恵典の就活の教科書が本当に良いサイトであれば、記事を削除することはないはずですが、、、

お探しの記事は見つかりませんでした。

岡本恵典、就活の教科書運営会社社長が炎上

今回の岡本恵典、就活の教科書運営会社社長が炎上した概要は以下の通りです。

  • 新卒向けの就職情報サイト「就活の教科書」が公開した「【底辺職とは?】底辺の仕事ランキング一覧」という記事を運営会社社長(岡本恵典)が監修
  • 2022年6月下旬から「職業差別を助長する」といった批判がツイッター上で相次ぐ
  • 就活の教科書運営会社は指摘を受け、6月28日までに記事を削除
  • 最後のまとめでは
    「世間一般的に言われている底辺職について解説しましたが、何を底辺職と呼ぶのかは人それぞれです」
    「底辺職と呼ばれている仕事は誰でもできる仕事である場合が多いです」
    「底辺職と呼ばれる仕事に就きたくない方は、転職したり、スキルや資格を身に付けることが重要です」と締めくくっている。
  • 結局のところ、「読者の不安をあおって資格などへ誘導するアフィリエイターの手口」という見解がネット上では濃厚。
あくた市

コメント

タイトルとURLをコピーしました