「老害エピソードがざまぁ完結」を迷宮ブラックカンパニーにアフレコしてみた#1

【あらすじ】
出世した二ノ宮キンジ。
しかし、上司よりキンジの役職では受けるはずのない任務を命令される。
「これがパワハラか」と思いつつも現場に向かうのだが…

「ド、ド、ド、ドッ(バイク音)」

「二ノ宮さーん!本当に行くんですか?」
「あ?あぁ!上司からの命令だからな」

「魔王軍から離反したはぐれ魔物の討伐だっけ?」

「この仕事、人間の二ノ宮さんがする仕事じゃないですよね?」

「へへへへ。来やがったな」

「さて、お手並み拝見といくか」
※種族=魔族。よわい400歳。特徴=若く見られると調子に乗る

「ドーン!!(道路の破壊音)」
「な、なんだ?!」

「うわー!ごっつー!2体も!」

「さあどうする~?私が若い頃は4体もいたが3日で片付けたぜ!」
※正確には1体。ちなみに大きさも半分で討伐に1カ月以上費やした

「くそが!聞いてた大きさと全然ちげぇじゃねーか」
「あのクソババア!ただでさえ記憶力悪いのに一体どんな覚え方してんだ!」

「今の奴らはなってねーんだよな!」
「再教育してやんよ!」

「老害ババアめ」

「わーすごい!一発でやっつけちゃうなんて!」
「相変わらずの無双ぶりだな!リム!」

「キンジさん!ビッグワームが仲間になりたそうにこっち見てますよ!」

「ん~。戦力が多いに越したことはない。連れて帰ろう」

「これでまた出世しちまうなー!笑いが止まらんぜーハハハハハ!」

「くそ!くそ!くそ!くそ!」

「うっ!うわっ!!」

アフレコアニメのデータ

【お借りしたアニメ】
迷宮ブラックカンパニー

配信先はこちら

dアニメABEMAAmazonプライムHuluU-NEXT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。