選挙の街頭演説を個人が妨害したら逮捕?安倍首相へのヤジで警察が出動の理由

選挙の街頭演説で候補者の声が響く中で個人が妨害(ヤジ)をしたら逮捕されるのか?と気になる方も少なくはないのでしょうか。

また、最近では安倍首相へのヤジで警察が出動してヤジをしていた個人が連れていかれるということもありました。

そこで、今回は

・選挙の街頭演説で個人が妨害(ヤジ)をしたら逮捕されるのか?
・安倍首相の演説へのヤジに警察がなぜ出動するのか?ほかの候補者の事例

を見ていきたいと思います。

選挙の街頭演説を個人が妨害したら逮捕される?

まず、選挙の街頭演説を個人が妨害したら逮捕されるかですが、公選法によると

演説妨害を「選挙の自由妨害」として刑事罰の対象にする。個人のやじは該当しないとみられるが、集団で演説が聞き取れないほどの妨害行為を行った場合は同法が適用される可能性がある。違反には4年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金が科される。

とのことです。

選挙の街頭演説を個人が妨害で安倍首相へのヤジに警察がなぜ出動?理由と事例を調査

ただ、安倍首相へのヤジは警察が動くようで、


「安倍やめろ」と数回連呼した個人の人は警察に連れていかれました。

そして、北海道警からの説明は今のところ(16日現在)ありませんでした。
※追記:「他の聴衆とトラブルを起こす可能性があったため移動させた」との説明がありました。

また、過去に個人のヤジで警察が連行していった事例はないようで、今回の警察の対応にネット上では


今後、警察の意向があれば追記していきたいと思います!