【炎上】ソニックの声優が変更で金丸純一ではないのはなぜ?映画:ソニックザムービー

ソニック・ザ・ムービーの日本語吹き替えの声優が、以前から声を担当していた金丸淳一さんでなく俳優の中川大志さんが担当することになりネット上では炎上する事態となっています。

ではなぜ、ソニック・ザ・ムービーの日本語吹き替えの声優を長年担当していた金丸さんではなく中川さんになったのか?の全貌を見ていきたいと思います。

ソニックザムービーの炎上の始まり

ソニックザムービーの炎上の発端は、待望の実写化をしたらソニックが思ったよりキモかったことに始まり、その後ソニックが整形手術を受けて無事騒動が収まったと思われていました。

ですが、日本語吹き替え版のソニックの声優を20年以上務めてきた金丸淳一さんではなく若手イケメン俳優の中川大志さんを起用し再び炎上する事態となっています。

それではなぜ、ソニック・ザ・ムービーの日本語吹き替えの声優を長年担当していた金丸さんではなく中川さんになったのでしょうか。

ソニックザムービーの声優が変更で金丸純一じゃないのはセガのせい?

調べたところ、ソニックの声を担当していた金丸さんがSEGAについて以下のように言われていました。

 

セガはむしろ応援してくれる立場だったようですね。

また、文章内にある「ならばなぜセガは映画製作段階で名前を貸したのか?が疑問ですが。きっと内部で様々な問題が山積のままなんだと思います。」というところが、気になったので見ていたら次のようなコメントがありました。

確かに、事業の売上が下がっている状態のときに実写映画化の声が掛ればセガも映画製作段階で名前を貸してしまうかもしれませんね。

ソニックの声優の変更で選ばれた中川大志は断らなかった?

では次に今回、日本語吹き替えに選ばれた中川さんはオファーを断らなかったのかを調べたところ、「一度、断ったけどまたオファーが来た」とのことでした。

今回の一件で中川さんにまで火の粉が来ないといいんですけどね。