水星の魔女ソフィ死亡「メスガキ四天王、たった2話で1人欠ける」と話題に

アニメまんが

2023年4月16日に放送された水星の魔女14話。多くのメスガキが登場する今シリーズですが、ネット上では水星の魔女「メスガキ四天王」と呼ばれていたソフィがたった2話で退場し、話題となっています。

水星の魔女ソフィ死亡「伏線回収が早すぎる」

ソフィは初登場時から主人公のスレッタを「お姉ちゃん」呼びし、ガンダム的死亡フラグと言われており、ネット上では

「縁もゆかりもないスレッタをお姉ちゃんと呼ぶというソフィのガンダム的死亡フラグを逆手に取って生存に繋げるのは綺麗かもしれない」

「今んとこ死亡フラグを”特に”感じるのってソフィだな…(深夜の水星ツイートノルマ)」

などと、登場時から噂されていました。また、ファンの間ではソフィの退場に対して、

「2期に入ってから、視聴者の心を全力で折りに来ていますね。」

「やつは四天王の中で最弱、これからが本当の戦いだ」

など。今回は「メスガキをわからせ」の序章に過ぎないと予言している方もいて、やはりガンダムの闇の深さは計り知れないです。

水星の魔女14話「動揺するセセリア」にファン歓喜

そんなメスガキ四天王のソフィが退場となった「水星の魔女14話」ですが、メスガキ四天王の一人セセリアが動揺する姿に快感を覚える声が多く上がっていたことは黙っておきます。

「分からせられてる感あってすこ」

「セセリア困らせ合同誌が待たれる」

本日のトレンド情報は以上です。

コメント