【投票率200%】ウィスコンシン州が投票率100%超えした理由まとめ

アメリカ大統領選2020の開票中にウィスコンシン州の投票率100%超えしたことが話題となっていますね!

ツイッター上でも「投票率200%」がトレンドインし、一体どういうこと???と思った方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ウィスコンシン州が投票率100%超えした理由をまとめてみました。

【投票率200%】ウィスコンシン州が投票率100%超えした理由まとめ

投票率200%についてですが、

まずウィスコンシン州の人口は約568万人おり、全有権者が投票しても開票率が1%増える時の票数は5.6万票以下になります。(568万人のうちには投票権のない子供も含まれるため)

ですが、開票率が94%→95%に1%上がった時の票数が12万票増えたので投票率が瞬間的に200%超えになったようです。(開票率の増加と投票数の開示にタイムラグがあったため)

〇通常:開票率1%x投票率100%=5.6万票以下

●今回:開票率1%x投票率〇%=12万票=5.6万票x投票率〇%=投票率200%

また、ミシガンでも同様なことがあった模様ですが、開票作業は数が多く更新に時間がかかるため、ラグが生じるので集計上どこかで生じることのようです。

現在、ネット上では「不正防止のために州兵が出動した」という内容が出回っているようですが、州兵が補佐しにきたというのが正しい内容のようです。

引用元:FOX NEWS