冬のキャンプの服装(レディース)の寒くないコーデ特集!おすすめブランドや寝る時の防寒も

11月も中旬になり、昼間でも寒さを感じるようになってきましたね!

暦の上でも、もう冬を迎えてキャンプをする上で大切になってくるのが防寒となってきます。

ただ、初めてだと特に「どのくらいの寒さなのか?」わからないですし、

キャンプで
・何をするのか?
・周りの環境はどうなのか?
という所で、服装はかわってくるものです。

そして、防寒するといってもただ着込むだけではなく、出来ればおしゃれな服装を追求したい所ですよね^^

そこで今回は、「冬のキャンプの服装(レディース)の寒くないコーデ特集!おすすめブランドや寝る時の防寒も」というテーマで内容をまとめましたので、参考にしてみてください!

冬のキャンプの服装(レディース)で昼間・夜間の寒くないコーデやおすすめのブランドは?

冬のキャンプの服装と言っても、焚火や料理・星を眺めるなど目的や用途によって服装は変わってきます。

例えば、大きいテント内でストーブがあり、カセットコンロを使った料理であれば、
テント内は暖かくなりますし、洋服に「薪や炭火の気になる臭いや汚れ」は付かないので比較的に好きな服装でも大丈夫だったりします。

それとは逆に、暖を取るために焚火をする時にポリエステル繊維の服だと、飛んできた火の粉で服が穴だらけになってしまいます。

なので、どういう状況なのか?によって服装は変わってくるので、そこを踏まえて

今回は料理、星を見る時、焚火に絞って見ていきましょう!

【昼間】冬のキャンプの服装(レディース)で料理の時の寒くないコーデやおすすめのブランドは?

冬のキャンプで料理をすると一言でいっても、
・テント内外のどちらなのか?
・カセットコンロと焚き火台のどちらなのか?
によって服装は変わってきます。なので、冬のキャンプの料理で人気のある鍋を使った料理を例に見ていきましょう!

【テント内でカセットコンロを使った料理の時の服装】

テント内でカセットコンロを使った料理をする時の服装ですが、さきほど例で話したように比較的普段の料理の服装でも大丈夫です。

その理由は洋服に「薪や炭火の気になる臭いや汚れ」は付きませんし、外の気温が9℃でもテント内でストーブやカセットコンロを使った際では23℃ほどになるからです。

ただ、スカートや裾の長いものはしゃがんだりしたときに汚れますので、選ばない方が賢明です。

なので、初めて冬のキャンプで料理をする方はテント内でカセットコンロを使って料理をするのがおすすめと言えます。

【キャンプコーデに対するネット上の声】

【テント外でカセットコンロを使った料理の時の服装】

テント外でカセットコンロを使った料理の時の服装は、料理時の汚れはあまり気にしなくて済みますが防寒は必要になってきます。

それは、外でカセットコンロを使っても周辺にはあまり温かさが伝わってこないからです。
焚き火台であれば薪や炭で赤外線が多く発生し、これが放射熱となって周りもあたたかくなりますが、カセットコンロはこの効果が少なくなります。

また、食材の調理のときや洗い物の際は腕まくりできるものが良くなります!

そこで、おすすめの服装はこちらになります↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

. ワークマン女子 はじめました!!(笑) . マウンテンパーカーは2500円 冬用サンダルは1500円 . 安ーーーーー😍 可愛いーーーーー😍 . これなら汚れてもいいし、 機能性も抜群!! . サンダルは履き口がゴムなので 履きやすいし、 何なら踏んで履いてもいいし、 あったかいし、 めちゃ気に入りました🤤💓 . ちなみに… パーカーはSサイズ、 . サンダルは 普段22.5cmのわたしですが、 Mサイズでいい感じです😆 . . #ワークマン女子 #ワークマンプラス #ワークマン #ワークマンコーデ #キャンプコーデ #キャンプ女子 #キャンジョ #camjyo #キャンプ好き #camphack取材

しょへももcamp(@slow_easy_life.shohe_momo)がシェアした投稿 –

マウンテンパーカー 価格:¥2500
冬用サンダル 価格:¥1500

こちらのパーカーだと服のかさばりで料理しにくいということもありませんし、袖口のマジックテープで長さの調整もできるようになっているので食材の調理や洗い物でもストレスなく行えますね^^

また、冬用サンダルなので保温性が高く、テント内との行き来も楽に行えるます。
ただ、こちらのパーカーはオールシーズンのものですので、パーカーの中にトレーナーやニット系の服を着た方がいいかも

【テント内で焚き火台を使った料理の時の服装】

これまでは、火の粉でテントに穴が開くことや一酸化炭素中毒などの理由からテント内で焚き火台を使うことはタブーとされていましたが最近では、焚き火台を使えるテントも増えてきました。

テント内は暖かくなるので厚着をする必要はありませんが、やはり火の粉に対しての対策は必要となってきます。よく言われるのが、「化学繊維の服は穴が開くからダメ!」と聞いたことがある方も少なくはないのでしょうか。

ただ、化学繊維で出来た服といってもポリエステルの他にもいろいろあり自分の洋服の素材はどうなのか気になる所ですよね!

そこで、洋服の素材ごとに火の粉が飛んできても大丈夫なのか?を一覧にしたので、洋服のタブで確認してみてください。

洋服の素材 火の粉への耐性
・ポリエステル ×
(耐熱性はありますが、火の粉をうけるとすぐに溶けてしまいます)
・ナイロン ×
(ポリエルテル同様、火の粉をうけるとすぐに溶けてしまいます)
・アクリル
(消防士のユニフォームに使用されているアラミド繊維混素材としても使われています)
・レーヨン
(難燃性があり、燃えにくい。)
・綿(コットン)
・毛(ウール,カシミヤ,アンゴラなど)
・麻(リネン)

また、化学繊維を使用した服はアクリル○%、ナイロン○%などの表記になっているものがほとんどなので、心配な方は綿100%の服を選ぶのがおすすめです。

ただ、火の粉への耐性がある方と言っても、毛羽立った服は生地表面の毛羽から引火し、一瞬にして衣服全体に火がまわる着衣着火の危険があるので毛羽立っていない服を選びましょう。

【テント外で焚き火台を使った料理の時の服装】

テントの外で焚き火台を使う時のコーデですが、いろいろな人のSNSやショップで探しましたが、テント外でカセットコンロを使う時の服装と同じが良さそうです。(■マウンテンパーカー 価格:¥2500)

理由はほとんどのものが表面の素材でポリエステルを使っており、またサイズもMサイズで男性ものになっていたからです。

一応参考までに、案に出たものを載せておきます。

出典:https://store.workman.co.jp/item/item.html?i=6540

裏アルミFIELD(フィールド)インナーベスト 価格:¥2500
■素材/表(デニム):綿100% 裏地は保温性の高いアルミプリント

口コミにもあるように裏アルミシリーズは保温性があり、ベストだと手元がかさばらないので調理時に向いていますね!また、料理の時は手元が焚き火台からの熱によって寒くならないですね^^

【夜間】冬のキャンプの服装(レディース)で星を見る時の寒くないコーデやおすすめのブランドは?

冬の星空って綺麗ですよね!また、周りからの光が少なければなおのこと^^

ただ、冬のキャンプ場って夜になるとどのくらい寒くなるのか?天気予報の最低気温だけを見てもわかりにくいですよね^^;しかも、山の中ですしね。

なので、最低気温のほかにも立地条件や風の有無なども加味して見ていきましょう!

【最低気温10℃以下】

【キャンプ経験者の声】

この気温になるとキャンプ場から虫がほとんどいなくなり、ホッカイロや湯たんぽだけでなく何かしらの暖房器具がないと厳しいと感じます。

暖房器具は石油ストーブとホットカーペットの両方を持参。最低気温が10℃を下回ると電源付サイトのみ選ぶようにしています。吐く息が白くなるのが一つの目安。

上着はダウンジャケットを持ち出し、ズボンはトレッキング用タイツ+ハーフパンツでは厳しくなるため裏地が起毛素材のパンツかヒートテックのタイツを履きます。
出典:https://sgwu1.com/camp/15371#510

気温が10℃を下回ると、防寒着だけでは寒くなり持ち運びできる暖房器具も必要になってくることが分かりりますね!

また、最低気温の予測が5℃でも標高が100m上がるごとに0.6℃下がるので、キャンプ場に問い合わせをするか標高がどのくらいか確認しておくと良さそうです。

キャンプ経験者の声の服装を参考にすると以下のようになります↓

出典:https://wear.jp/mayuko718325/14017955/

■ザ・ノース・フェイス メンズハイロフトダウンパーカー / バルトロライトジャケット
価格:¥65,000

■ザ・ノース・フェイス 防寒キャップ / フロンティアキャップ
価格:¥9,680

やはり、ノースフェイスだといい値段がしますね^^;
ノースフェイスのダウンパーカーに手を出しにくいと思った方は、ユニクロのハイブリッドダウンパーカがおすすめです!

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420251/

■ハイブリッドダウンパーカ
■価格:¥9,900
■サイズ:XS~3XL

【使用者の声】

どれくらい暖かったかと言うと、4℃くらいの気温の中、半袖Tシャツに裏起毛のスウェットを着た上にこのハイブリッドダウンパーカだけで十分暖かい位。
出典:https://camp-in-japan.com/post-46635/#toc1

また、ワンサイズアップだとすっぽりお尻まで隠れるようになり、
腰くらいまでの丈のジャケットだとよくある「ズボンと上着の間がスースーして寒い。」がなくなるとのことでした^^

【夜間】冬のキャンプの服装(レディース)で焚火の時の寒くないコーデやおすすめのブランドは?

焚き火の時の寒くない服としておすすめなのはこちら↓

出典:https://store.workman.co.jp/item/item.html?i=6542

■裏アルミFIELD(フィールド)ミドルインナー デニム 価格:¥2,900

裏地に反射性の高いアルミプリントを施し、体温を反射させ衣服内を暖かくしてくれ燃え広がりにくい綿100%となっています。

サイズはMからとなっていますが、お尻まで長さがあるので「ズボンと上着の間がスースーして寒い。」が無くなります。

また、こちらのジャケットが「ちょっと・・・。」と思った方は、 難燃性ブランケットをおすすめします。

焚き火との距離にもよりますが、難燃性ブランケットをかけておけば洋服に火の粉が飛んでくるのを防ぐことができます。

出典:Amazon

アズワン 難燃性ブランケット 価格:¥4,703
■素材:アラミド(コーネックス)20%・難燃アクリル80%

市場に多く出回っている防炎ブランケットは、デザイン性は良くてもポリエステル100%になっているので火の粉で簡単に穴が開いてしまいます。

また、防炎ブランケットを謳っているものは防炎仕様であり素材はポリエステルなので溶けて穴が開いたとの声が多くありましたので、素材がちゃんと防炎性のものを選んだ方が良さそうです!

冬のキャンプの服装(レディース)で寝る時の防寒やおすすめのブランドは?

冬のキャンプで寝る時の服装ですが、経験者の声で多く上がっているのが

防水・防風性のあるアウターを着ていると、体温を外に放出しないという機能から、せっかくの寝袋の中綿や羽毛が保温の役割を果たさない結果に。またウェアが重く窮屈な場合、着ているだけで身体に疲労が溜まるという点からも着用はNGなんです。

とのことです!寒いからといってアウター類の防寒服を着て寝ると寝袋の中が温まらないのでトレーナーやニットまでにしておきましょう。

また、寝る時の防寒対策としては

・厚手の靴下かダウンシューズを履く
・寝袋の中に毛布やインナーシュラフを1枚入れる
・顔冷え対策にマスクや長めのネックウォーマーを使う
・断熱効果あるシートを敷く

などがあり、分かりやすくまとめているサイトがあるのでこちらの記事をを参考にするといいですよ!

これでキャンプの寝やすさは劇的に変わる!『10の快眠テクニック』を伝授

【まとめ】冬のキャンプの服装(レディース)の寒くないコーデ特集!おすすめブランドや寝る時の防寒も

今回は、冬のキャンプの服装(レディース)の寒くないコーデ特集!おすすめブランドや寝る時の防寒も!という内容でしたがいかがだったでしょうか。

初めてだと特に「どのくらいの寒さなのか?」わからないですし、防寒するといってもただ着込むだけではなく、出来ればおしゃれな服装を追求したい所ですよね^^

今回、紹介した服装は防寒性や安全面を重視したものになりましたが、洋服の素材等で考えると意外と家にある好きな服が「着れる/着れない」がわかったのではないでしょうか。

冬のキャンプの服装選びの参考になれば幸いです。以上となります!