事件

山上徹也母親は統一教会で断定か「のめり込んで献金破産」安倍元首相銃撃事件

事件

2022年7月9日、安倍元首相が銃撃されて死亡した事件で犯人の山上徹也が供述の際「母親が宗教団体にのめりこんで破産し、安倍氏が団体を国内で広めたと思い込んで恨んでいた」と話していたことが明らかになりました。

現在、山上徹也母親の宗教団体(統一教会)について注目が集まっています。山上徹也母親の宗教団体を調査しました。

田中富広国籍は本当に日本か「北海道北広島市の出身」統一教会会長

山上徹也母親がのめり込んだ宗教団体

山上徹也母親がのめり込んだ宗教団体を調査しました。現在、山上徹也母親がのめり込んだ宗教団体は公表されていませんが、「統一教会」である可能性が高まっています。

山上徹也母親がのめり込んだ宗教団体が「統一教会」と噂される理由として、以下のものが挙げられます。

  • 安倍元首相が統一教会の演説を行っていた
  • 機関誌の表紙し何度もなっていた

報道は、犯人が特定宗教と安倍が関係していたと「思い込んでいた」と言っているのかあ・・ 「世界思想」は統一教会系の機関誌。 安倍さん、何度もその表紙になってるんだなあ・・

では、山上徹也母親がのめり込んだとみられる「統一教会」とはどのような宗教団体なのか見ていきます。

山上徹也母親がのめり込んだとされる「統一教会」とは

山上徹也母親がのめり込んだとされる統一教会について調査しました。

世界平和統一家庭連合は、朝鮮半島のキリスト教の土壌から発生した宗教法人である。文鮮明(1920年- 2012年)によって、1954年に韓国で創設された。旧名称は、世界基督教統一神霊協会である。1994年5月に名称が変更され、日本では遅れて、2015年8月に宗教法人名を管轄している文化庁から改称を認証された。

宗教学ではキリスト教系の新宗教とされ、文化庁が発行している宗教年鑑ではキリスト教系の単立に分類されている。

略称は家庭連合であるが、主要メディアでは一般的に、旧略称の統一教会 と呼ばれる。

ウィキペディア

安倍元首相が演説や機関誌の表紙になるぐらいなので一般的な宗教団体に見えますが、山上徹也は「母親が団体にのめり込んで破産した。安倍氏が団体を国内で広めたと思い込んで恨んでいた」と供述していることから『献金』に何かしらの問題点がなかったのか見ていきます。

山上徹也母親が統一教会で「献金破産」か

山上徹也母親がのめり込んだとされる統一教会の献金に何かしらの問題点がなかったのか調査しました。山上徹也母親がのめり込んだとされる統一教会の献金に関する問題は過去にもあり、2017年には元信者の女性が多額の献金をさせられたとして教団と国に約4300万円の損害賠償を求めた訴訟をしています。

世界平和統一家庭連合(旧・世界基督教統一神霊協会=統一教会)の元信者の女性(43)が、多額の献金をさせられたとして、教団と国に約4300万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が26日、東京高裁であった。中西茂裁判長は「統一教会であることを組織的に隠す勧誘手法は社会的に相当ではない」と述べ、一審・東京地裁判決が命じた約1千万円の賠償額を約140万円増額した。

 教団活動を規制しなかった国の賠償責任は、地裁判決と同様に退けた。原告、被告ともに上告を検討するという。

 高裁でも教団側の勧誘行為に対する評価が焦点となった。教団に信徒らの使用者責任を認めた地裁判決に対し、高裁判決は教団自体の不法行為を認定。「社会的に不相当な勧誘、教化、現金の支出をさせれば、宗教活動の一環でも不法行為」と指摘した。その上で、統一教会の勧誘だと明かす前の不法行為のほか、明かした後も合同結婚式の参加などを迫った行為などで精神的苦痛を与えたと認めた。

 判決後、女性の代理人の紀藤正樹弁護士は「国の責任を認めないなど不満も残るが、教団の不法行為責任を認めたのは画期的」と話した。教団は「主張が一部認められず誠に残念。上告も検討したい」とコメントした。(後藤遼太)

朝日新聞

山上徹也母親がのめり込んだとされる統一教会にどのくらいの金額を献金したのかという情報は現在ありませんが、統一教会創始者である文鮮明氏は『収入の3/10を献金しなさい』と言われていたようです。

また、統一教会の思想には「この道を行くには、借りてでも天に捧げようとする心がなくてはなりません。精誠の限りを尽くしたにもかかわらず、それでも不足している場合には借りてでも補うような気持ちが大切なのです」というものがあり、借金してでも献金する(させられる)信者の方は多かったようです。

田中富広国籍は本当に日本か「北海道北広島市の出身」統一教会会長

あくた市

コメント

タイトルとURLをコピーしました