油利潤一の住所「愛知県のピンクアルテッツァ」池袋暴走事故の誹謗中傷犯人

事件

2022年8月13日、池袋暴走事故の遺族である松永卓也さんを誹謗中傷した油利潤一が警視庁の業務妨害で逮捕されました。油利潤一容疑者(23)は自身のtwitterで「警察の無力さの報復のために8月14日新宿か秋葉原でどーなるか覚えておけ」などと投稿し、警視庁の業務を妨害した疑いが持たれています。油利潤一の住所などをまとめていきます。

油利潤一の住所

油利潤一の住所を探してみます。油利潤一の住所は愛知県丹羽郡扶桑町(あいちけんにわぐんふそうちょう)ということまでわかっており、詳細の住所まではわかっていません。

しかし、油利潤一は悪目立ちするピンクアルテッツァに乗っていたことから地元では有名だったといいます。

また、油利潤一の住所である愛知県丹羽郡扶桑町は先日ニュースにもなった「母子3人殺人事件」で逮捕された田中大介の住む町ということもあり、愛知県人口1000人当たり刑法犯認知件数ランキングでは27位(54件中)とあまり治安のよい場所とは言えなそうです。

愛知県犬山市で、車の中で子ども2人の遺体が見つかり、扶桑町の自宅で母親が死亡していた事件で、警察は母親を殺害した疑いで、42歳の父親を逮捕

逮捕されたのは、扶桑町小淵の職業不詳、田中大介容疑者(42)

愛知県のピンクアルテッツァ

油利潤一は『愛知県のピンクアルテッツァ』としてたびたびtwitter上でヤバい奴として話題になっていました。油利潤一の「愛知県のピンクアルテッツァ」がtwitter上でどのように載っていたのか見てみます。

ピンクアルテッツァの誹謗中傷

ピンクアルテッツァの持ち主(油利潤一)誹謗中傷の内容を振り返っていきます。

金や反響目当てで、飯塚昭三先生と闘っているようにしか見えませんでしたね。そんな父親、天国の松永莉子ちゃんと松永真菜さんが喜ぶとでも??男は新しい女作ってやり直せばいいことお荷モツの子どもも居なくなったから乗り換えも楽でしょうに哄笑

ピンクアルテッツァの持ち主(油利潤一)誹謗中傷は上記の内容で、この内容に対して

リンク先のニュースの男の人に言ってるんですよ。 こんな身勝手な男の運転によって母子の尊い命を奪ってるのですよ。 これに対して松永様御一家が許すとでも? って伝えたかったんですよ。 飯塚昭三の文は池袋の話とは違いますし、 松永さんの母子に対して言ってません。

この安全確認不十分で事故を起こした男はどーせ乗り換えて新たな人生を送るんでしょうねってこと。 松永様は違うでしょう。 ニュースを見て 一生の傷を覆ってることはわかります。 家族の大切さを感じてます。

身勝手な運転で母子奪ってる人が許せないけど、日本語が下手だし携帯がこれだから上手く伝えられなくて、結果、僕の文章が誹謗中傷と間違われ、その僕のツィートに対して僕に誹謗中傷を与えられる。 俺も前々から誹謗中傷は受けていた。 車にタバコ吸い殻投げられる 公道でエンストで渋滞 居眠り運転 居眠り運転は悪いとして バンパーに傷がついたことに対しての誹謗中傷はおかしい!

 

以上のように「日本語が下手だし携帯がこれだから上手く伝えられなくて、結果、僕の文章が誹謗中傷と間違われ、その僕のツィートに対して僕に誹謗中傷を与えられる。 俺も前々から誹謗中傷は受けていた。 」と最終的には自分も誹謗中傷を受けていたと論点が変わる投稿をしました。

池袋暴走事故の誹謗中傷犯人が通り魔予告で逮捕の概要

「秋葉原でどーなるか覚えておけ」通り魔予告で逮捕 池袋事故遺族“中傷”で在宅起訴の男

<概要>

  • 逮捕されたのは愛知県扶桑町の職業不詳、油利潤一容疑者(23)
  • 「8月14日新宿か秋葉原でどーなるか覚えておけ」などと犯行予告をツイッターに投稿し、警視庁の業務を妨害した
  • 油利潤一容疑者(23)は今月8日、自身のツイッターに「警察の無力さの報復のために8月14日新宿か秋葉原でどーなるか覚えておけ」などと投稿し、警視庁に秋葉原の歩行者天国を中止させる手続きを取らせるなど業務を妨害した疑いがもたれている
  • 油利容疑者は「ツイートをしたのは私で間違いありません」と容疑を認めていて、歩行者天国はこの逮捕を受け、あす(14日)は予定通り行われる

全文へ

油利潤一の逮捕への反応

  • 結局、量刑が軽いから再犯するんでしょうね。
  • ネットの掲示板に書き込むって言う行為はってのは、「パブリックな場所で拡声器持って叫びまわってる事と同一」である自覚を持った方が良いぞ
  • 反省してない事が露わになったね
  • 悪いことしたら それが見合わないと反省させるくらいの量刑にしてほしい
  • やはり一般人の発信は必要最低限で 良いのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました