ZOZOGLASS(ゾゾグラス)はブルベ夏しか出ない?精度や計測できない時のコツ

 

ネット上ではZOZOGLASS(ゾゾグラス)で診断してみた結果、「ブルべ夏しか出ない?」と話題に。

今回はZOZOグラスはブルべ夏しか出ないのか?精度やちゃんと計測できないときのコツを紹介します。

日本人の肌色の割合は約5割がブルべ夏と言われていますが、ネット上では8割の人が「ブルべ夏」になると噂になっているようです。

また、プロによる『パーソナル診断との結果も違った』との声もあり、精度や納得のいく計測ができない時のコツについても紹介していきますね。

ZOZOグラスはブルベ夏しか出ない?精度は?

まずはネット上の声をみていきましょう。

ネット上でもZOZOグラスで診断した結果、自分がおもっていた肌色とは違ったとの声が多くみられました。

また、プロ診断との結果も違うとの声もあり、診断結果は100%とは言えないようですね。

実際に日本人の肌の色の割合としては、

  • イエベ春:1割
  • ブルべ夏:5割
  • オータム:3割
  • ブルべ冬:1割

上記の割合のようでブルべ夏が5割と多いものの、ZOZOグラスの診断結果には偏りが見受けられたようです。

※プロ診断とZOZOグラス診断の比較結果

ZOZOグラスの計測できない時のコツ

つぎにZOZOグラスの測定で納得のいく測定ができない時のコツを紹介していきます。

コツとしては、

  • 蛍光灯下で計測しない
  • 日中の明るい環境で、顔に影ができないところで計測する

以上の2点を守ると比較的に精度高く測定できるようです。

ただ、「プロ診断ではイエベ秋だったのに、ZOZOグラスでは日中の時間帯を変えてもブルべ夏だった」との声も少なからずあったので精度が100%になるのはむずかしいようです。

また、ZOZOグラスは撮影環境の光の影響を受けずに太陽光や蛍光灯の下でも、正確な肌色を判定できるようにカラーチップ(眼鏡表面)を採用していますが、

人の目(肉眼)で見たプロ診断とレンズ越しの診断では診断結果が同じになるのは技術的にまだ先のようですね。